一筆箋

アクセスカウンタ

zoom RSS 土方さんの俳句はあれど、斎藤さんのは?

<<   作成日時 : 2013/07/06 23:56   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

画像

「・・・(懐かしい&混ざりたい)」
「・・・(なんとなく斎藤さんの思っていることが想像できている)」


この表紙は、白虎隊と土方さんです。
タイトル通り、泣かされます。
辞世の句の話ですから。
しかも、会津侍たちです。

同じ日本人なのに、日本の未来のためを思っていたのに、どうして戦わなければならなかったのか。
その答えが出れば、世界中の紛争は解決できるかもしれません。
男もですが、女も色々思うことがあったと思います。

総司の俳句は1巻にあります。
斎藤さんは?
1句ぐらい残っていてもよさそうなのに、無いんですね。
寡黙すぎませんか、斎藤さん。
実はこっそり詠んでいて、別れ際に副長に託していたら、ちょっと萌えます。

土方さんの発句も、もっとあると思うんですがねぇ。
まだ、眠っている記録があるのかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!はじめまして〜
薄桜鬼のにわかファンです。その世界観を借りて、小説を書いています。よかったら覗いてください。http://slib.net/a/8705/

これって、昔の和歌などを漫画にして説明しているやつですよね。
私、平安時代の恋歌をネタにしているほう(たしかそのまま恋歌)は読んだことがあります。
なきうたもあったのか…
号泣しそうで買うのをためらう…

サラ
2013/07/21 15:14

コメントする help

ニックネーム
本 文


土方さんの俳句はあれど、斎藤さんのは? 一筆箋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる