大阪都構想について、にぎやか

昨日は、日本共産党、今日は、労組が、反対を投票しましょうと訴えかけてました。

反対派は、言うことが同じ。

今日、労組の方に、大阪都になった時と今の状態で、災害の連絡はどうなるの?と聞いてみました。

「府に連絡します」

え?
区も市もすっ飛ばして府?

と同じなんじゃ・・・。


「大阪都になったら、市に戻せません」
いや、戻せます、できないと思うからできないのですよ。
まぁ、法律を作るというプロセスがあるのですが、そんなもんいくらでも裏道はあるもので・・・。


「カジノは市民の懐を狙っているのです」
税収になりますから。
パチンコ業界に流れるよりまし。


議論が平行線であることはよーくわかりました。
それで、新しい制度に託して良くなるか、悪くなるか、わかりません。
それは、古い制度に託しても同じ。
それなら、新しいものに託すのが大阪人でしょう。

都になっておかないと、首都機能移転の時にごちゃごちゃ言われそうです。
それなら、名古屋や、横浜に、って言われたら、もっと悔しい。

大阪は、東京ではなく、世界を見ていくべき。
どん底は経験済み。
個人的に、幕張メッセみたいなコンベンションセンターが大阪にほしいと思っていたり。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック