大阪都構想討論会

TVで自民党と共産党の市議団幹事長と市長が賛成、反対の立場で討論してくれました。

議員さんて、車で移動するから、大阪の交通の不便さがわからないのでしょうね。

住民規模が違うから比較するなと言われますが、東京って、下手したら入場券で神奈川も行けます。

大阪は、一部しか私鉄との乗り入れをいていないので、いちいち乗り換えが必要になってきます。

そして、不便と思えば人は住みません。

東京が便利だから、物価が高くても人は集まる。

大阪は、関空があっても、市内へ行く手段は限られています。

電車も高速道路も、市と府の管轄が違うからといって、つながってはいません。

それと、学校に冷暖房がないからつけましょうと市長が言うと、今の大阪では24区すべての学校につけることになるんですね。

廃校になったり、空き教室にもつけることになっていたりして。

そして、つけたふりして浮いたお金は、ないないぽっぽだったり?

初期費用に600億円かかると言ってますが、オーク200にオスカードームなどなど銀行から請求の来ている(裁判

で負けました)負債金額は、その倍以上あります。

グリーンピア感覚で箱ものを立ててきた彼らが、採算のとれる箱ものを今後考え、作れるとは到底思えない。

あぁ、大阪府と大阪市が競って立てたタワーがあるのですが、高さの差が10CMって、税金の無駄。

市議たちには、大阪の税収を増やそうという具体的ビジョンが無い。

赤字だというのに、維新の会が月10万円の給料減を可決して実行したのに、もう元の給料額に戻してしまった。

赤字だと知っているのにm\、身を切るつもりもない。

選挙に当選したけれど、それは老人ホームのあっせんを希望する人が投票しただけのことだと、気づいている

だろうか。

しかし、こういう討論会をTVでしてくれるのは、ありがたいと思う。

もっともっと討論して、デメリットをメリットにできる案が出ることを期待したい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック